2009年03月02日

資生堂「リバイタル グラナス」:

資生堂のファンデーション「リバイタル グラナス」の「TVCMでモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart,1756-1791)交響曲第25番 ト短調 K183 第一楽章が使われています。
資生堂「リバイタル グラナス」のHP

この曲は、映画「アマデウス」のオープニング曲にもなりました。モーツァルトその短い生涯うちには41もの交響曲を作り上げました。このうち短調は若干17歳で作られたこの「25番ト短調K,183」と晩年に作られた後年の「第40番ト短調K550」だけです。40番は「ト短調交響曲」と呼ばれ、25番を「小ト短調交響曲」と呼ばれています。この2曲には共通性があると言われています。

指揮:レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein,1918-1990)演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


【00:00】いきなり激しい旋律で始まります。「疾走する悲しみ」とも評されています。「ファンデーション」がどう結びつくかは別として、【00:26】哀愁を帯びたオーボエの独奏
【00:58】ホルンで、もりあがるところで・・・デモ動画のためここで終了です。
posted by とある音楽家 at 07:51| Comment(4) | CM、TV番組での音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

ショパンの誕生日

今日はこれまでにもご紹介したポーランドの作曲家フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin,1810年3月1日-1849年10月17日)のお誕生日です。
もし,ショパンが生きていたら199歳です,すなわち来年2010年は生誕200年ということで「ショパンイヤー」となることでしょう。

ポーランドの首都ワルシャワにある空の玄関口である国際空港は「ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港」と呼ばれています。 それでは、ウクライナ生まれでアメリカで活躍したピアノ奏者ヴラジーミル・ホロヴィッツ(VladimirHorowitz,1903-1989)演奏によるショパン作曲ワルツ第3番イ短調op.34−2「華麗なるワルツ」をどうぞ。

posted by とある音楽家 at 07:12| Comment(4) | ゆかりの日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。