2009年01月11日

ヴェルディ:椿姫

ベルディ作曲オペラ「椿姫」(La traviata)より「乾杯の歌」です。



例えば「いきなり!黄金伝説」(毎週木曜19:00〜)で「○○だけで1週間過ごす」「○○のメニューを全部食べつくす」などで使わています。TVのバラエティ番組やドラマ,CMのBGMとして多く使われています。特に料理紹介のシーンで使われていますね。それにしても楽しそうで愉快な曲です。オペラって気品高い、お堅い、難しい、悲劇ばかり、歌手が独特の声を出す、つまらないなどというイメージがあります。しかし、オペラにはも喜劇や人情ものもあるのです。また長編であれば、観客を飽きさせないためにこういった楽しい曲も織り交ぜていることも少なくありません。このように酔っ払いが登場してきて楽しく踊り歌うもの楽しみのうちです。
posted by とある音楽家 at 13:36| Comment(2) | CM、TV番組での音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
陽気な曲ですね。
聴いてるとウキウキ、ワクワクしてきます。
日ごろのストレスも飛んでいってしまいそうです。
この曲を聴きながらワインを飲むと、安いワインでも高級ワインのようにおいしくなりそうです。
料理番組でよく使わていれるのも料理をおいしく見せる演出効果なんでしょうね。
頷けます。
Posted by jupiter at 2009年01月11日 17:42
音楽による演出はかなり効果的ですね。

一昔前の無声映画にはクラシックの作曲家が曲をつけていたりしたんですよ。やはり音楽があるなしでかなり雰囲気が変わってきますね。
Posted by トアルオンガクカ at 2009年01月11日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。