2009年02月23日

トリノ五輪 女子フィギュア2

今日から3年前,2006年2月23日トリノオリンピック女子フィギュアスケートで荒川静香選手が金メダルに輝きました。2月23日に行われたフリー演技では、ジャコモ・プッチーニ(GiacomoPuccini,1858-1924)作オペラ 『トゥーランドット(Turandot)』より 『誰も寝てはならぬ』(Nessun Dorma)です。演技で使われた曲は、ヴァイオリンファンタジー版にアレンジされたもので,ヴァイオリニストはヴァネッサ・メイ(Vanessa-Mae,1978-)でした。この動画はオペラ版です。



posted by とある音楽家 at 14:30| Comment(6) | ゆかりの日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パヴァちゃんできましたか。
Posted by ひろべ at 2009年02月23日 14:57
この曲は、『トゥーランドット』の第3幕で登場するアリアです。
舞台は、今の中国のあるお城にきれいな王女トゥーランドットがいました。
トゥーランドットに恋をする男性は山ほどいます。主人公カラフもその一人。
トゥーランドットは、結婚を申し込む男たちに「謎かけに解けたら結婚してあげよう」と挑発します。
1次予選、2次予選、3次予選、ついにカラフだけが勝ち抜きました。
誰も勝ち残ることはできないと思っていた王女は慌て、結婚の約束を撤回しようとします。
そこでカラフからトゥーランドットに挑戦、
「明日の朝までに私の名前がわかれば私の命を捧げましょう、でも名前が分からなければ約束どおり結婚してください」と
トゥーランドットは、自身があったのでしょう、この挑戦を承諾します。
トゥーランドットは、街中に「誰も寝てはならぬ」とお触れを出し徹底的にカラフの身元調査を始めます。
この曲はカラフが勝利の確信を得た時のアリアです。
歌詞に「夜明けとともに私は勝つ!」とあります。
そして最後に合唱で「Gloria!」(讃えよ)と歌っています。
Posted by おせっかい的音楽愛好家 at 2009年02月23日 16:29
テレビのニュースでは某日本映画のアカデミー賞受賞でもちきりで、3年前のことは話題に出てきませんね。

> 歌詞に「夜明けとともに私は勝つ!」とあります。
> そして最後に合唱で「Gloria!」(讃えよ)と歌っています。

このとき荒川静香選手も勝利を確信していたのでしょうね。
Posted by jupiter at 2009年02月23日 19:30
きっと今日のニュースも3年後には忘れ去られているのでしょうね。
パヴァロッティの歌声健在のころですね。
Posted by ろみ at 2009年02月23日 21:21
そうですね、暗いニュースは記憶に残っても明るいニュースは記憶に残らないですね。

でも、この曲を聴いたおかげで3年前の感動がよみがえってきました。確か中継は日本時間の夜明けでしたよね。眠い目をこすりながら見てました。実は私、当時この曲が何の曲なのか、わかっていませんでした。周りに聞きまわっていました。
Posted by 春恋 at 2009年02月24日 09:24
you tubeにはジョン・健・ヌッツォもありましたが・・・
Posted by トアルオンガクカ at 2009年02月24日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。