2009年03月15日

パガニーニ

3月13日の記事で、ピアノヂュオ「2台ピアノのためのパガニーニ変奏曲」をご紹介しましたが,この変奏曲のもととなった曲は、イタリアの作曲家でヴァイオリニストであるニコロ・パガニーニ(Niccolò Paganini,1782-1840)『24の奇想曲(Capricci 24)』第24番「主題と変奏(Tema con variazioni) イ短調」です。



パガニーニの作品は、のちのロマン派と呼ばれるリストやシューマンなどの作曲家に多大な影響を与えました。ルトスワフスキのように様々な作曲家がその主題によるパラフレーズや変奏曲を作りました。『24の奇想曲』第24番「主題と変奏 イ短調」も、ルトスワフスキのほかにリスト、ブラームス、ラフマニノフなど数多くの作曲家が変奏曲を作っています。
posted by とある音楽家 at 22:41| Comment(1) | 作曲家たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元となった曲と変奏曲、がらっと雰囲気が違うのですね。
Posted by 春恋 at 2009年03月16日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。