2009年03月23日

ニコライ・ルービンシテイン

今日は、ロシアの作曲家でありピアニストであったニコライ・ルービンシテイン(1835-1881年3月23日)が逝去した日です。ニコライ・ルービンシテインといわれても?という方が多いでしょう。2月9日の記事でチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」をご紹介しました。


その記事は、ロシアの作曲家チャイコフスキーが友人のニコライ・ルービンシテインと喧嘩して、仲直りしたという話しでした。しかし、そのニコライ・ルービンシテインが46歳という若さで亡くなったのです。チャイコフスキーが友人の死を悼んでピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出に(Tchaikovsky Trio a moll Op.50 for Violin Cello and Piano,1882)」を作曲しました。


ヴァイオリンとチェロととピアノの三重奏です。全体的に悲しい曲想になっています。聴きどころは第2楽章その2です。民俗音楽調で明るく始まります。しかし次第に悲しみが支配し始めます。これまで悲しみをこらえて気丈に振舞っていたのが一気にこらえ切れなくなってしまいます。涙があふれてきます。泣いて泣いて泣きつかれて、そして最後の最後、消え入るように静かに音楽が終わります。


第1楽章その1


第1楽章その2


第2楽章その1


第2楽章その2
posted by とある音楽家 at 10:29| Comment(1) | ゆかりの日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニコライ・ルービンシテイン
素晴らしい友をもって幸せですね。
Posted by 春恋 at 2009年03月23日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。