2009年03月24日

ワルキューレの騎行

ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner,1813-1883)が生涯をかけて作り上げたオペラ「ニーベルングの指環」。これまでにワーグナー作品として「ローエングリン」、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を紹介しました。このオペラ「ニーベルングの指環」の上演時間は、なんと15時間もあるのです。史上最も長いオペラといっていいでしょう。当然一夜だけでは終わりません。「ニーベルングの指環」は「序夜・ラインの黄金」「第一夜・ワルキューレ」「第二夜・ジークフリート」「第三夜・神々の黄昏」の4部に分かれています。それぞれ単体で上演されることが多いのですがバトロイト音楽祭では、4夜連続で「ニーベルングの指環」が上演されます。(途中2日お休みが入ります)バトロイト音楽祭が開催されるバトロイト劇場はドイツ・バイエルン州にあって、ワーグナーが「ニーベルングの指環」を上演するために建てた劇場なのです。普通のオペラ劇場とは異なり、客席からはオーケストラピットが見えません。舞台のみ見えます。音楽だけがどこからともなく聞こえてきます。

「ニーベルングの指環」は、いまでいうRPG(ロールプレイングゲーム)のようなものです。全4夜見こなすためには攻略本が必要です。ワーグナーは、ライトモティーフ(Leitmotiv)示道動機といわれる、登場人物のセリフや歌の内容とは関係の無い音楽を重層的に流し、物語を暗示的にかつ奥行き深く展開させていくのです。例えば、役者が「ごめんね」と謝っているのに、音楽は、のんきで陽気な曲を流す、つまり全然反省していないじゃん!といった感じです。

このうち第一夜「ワルキューレ(Die Walkure)」より第三幕「ワルキューレの騎行(Ride of the Valkyries)」です。
ワルキューレとは、「戦死者を選ぶ者」という意味です。「ワルキューレの騎行」はワルキューレ達が勇士の遺体をヴァルハラに運ぶシーンです。



2009年3月20日よりよりブライアン・シンガー監督、トム・クルーズ主演で映画「ワルキューレ(VALKYRIE)」 が上演されています。
内容は1944年ヒトラー暗殺計画が未遂に終わった際、反乱側が内乱鎮圧計画「ワルキューレ」を利用して権力掌握を計ったものです。
posted by とある音楽家 at 08:19| Comment(2) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画予告を見ましたが、オペラのワルキューレと映画のワルキューレは関連性があるのでしょうか、この週末あたり観にいってみようかと
Posted by 春恋 at 2009年03月26日 07:50
> 「ごめんね」と謝っているのに、音楽は、のんきで陽気な曲を流す、つまり全然反省していないじゃん!

ん?私のこと?
Posted by ひろべ at 2009年03月26日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。